ニュース一覧

一家

見積書の確認ポイント

愛知県内で外壁塗装を業者に依頼する場合、見積書をチェックして業者を選ぶ必要があります。見積書は施工費と塗料費が、別々に提示されているかを確認しましょう。一緒になっている見積書だと、使用する塗料を少なくして不当な利益を得ているかもしれません。

詳しく見る

外観

フッ素塗料の特徴

紫外線や雨のダメージが強い沖縄の場合、外壁塗装に使う塗料はフッ素塗料がおすすめです。フッ素塗料は耐久性や防カビ性、防水性などの機能性に優れています。費用は1平方メートル当たりにつき、約4500円から5000円程度です。施工後は15年から20年のスパンで、メンテナンスを行いましょう。

詳しく見る

家の模型と塗料

外壁トラブルを回避

季節によって気温と湿度とが著しく変化する埼玉では、カビや収縮といった外壁トラブルがよく発生します。そのため埼玉では外壁塗装が、慎重に丁寧に行われています。カビや錆を根こそぎ除去し、収縮による隙間を埋めた上で、3段階に分けて塗料を塗るのです。遮熱塗料を使った場合は、断熱効果も期待できるようになります。

詳しく見る

家と刷毛

必要な外壁の塗替え

家の屋根や外壁は経年により劣化してしまうものです。リフォーム会社に依頼することで、雨漏りを防ぎ見栄えも良くする工事を行ってくれます。相場は50万円から100万円であり、屋根瓦などにも適切に対処してくれます。

詳しく見る

色を塗る人

住宅の屋根が痛む問題

住宅は長年使用しているとどんどん古くなって壊れてしまう部分も出てきます。とくに、雨や風などを防いでくれる屋根や外壁などは直接ダメージを受けるので、雨漏りなどの深刻な被害を起こしてしまう恐れがあります。

詳しく見る

エクステリア

雨漏りの場所を特定

経年劣化が起こってくると雨漏りなどの問題を起こしてしまう可能性があります。雨漏りは深刻化する前にしっかりと修復を行なえばある程度被害を食い止められますが、雨漏りの場所を特定するのが非常に難しいので注意しましょう。

詳しく見る

塗装

優れた瓦屋根

建物には瓦を使用した瓦屋根の住宅も多いでしょう。瓦屋根は通気性が良いだけでなく、断熱性にも非常に優れているので近年では注目される住宅の1つとなっているので、リフォームを考えてみるのも良いでしょう。

詳しく見る

カップル

種類と特徴

外壁塗装に使用される塗料は、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4種類です。それぞれ特徴、メリットが異なります。自分の予算や目的に応じた使い方をすることが大切です。

詳しく見る

外観

失敗しないために

外壁塗装にかかる費用は決して安く無いですから、誰もが失敗したくないと思うものです。失敗する確率を減らすための1つの方法として、無料見積もりサービスを利用しましょう。

詳しく見る

作業者

業者選び

外壁塗装を成功させるためには、業者選びが非常に重要になります。信頼できる施工業者に依頼することで、安心して外壁塗装を行うことができます。複数の業者に見積を依頼したり、実績などで選んだりなど選ぶ方法は様々です。

詳しく見る

ローラー

利点

様々な利点があるので、外壁塗装を行う人は多いです。大きな利点は、建物を風や雨から守ることができる点です。外壁を頑丈にすると自然災害からも守ってくれるので、安心して生活出来ます。

詳しく見る

ポイントをおさえて選ぶ

作業員

外壁塗装のトラブルでは色のイメージとは違った、追加の料金を請求された、施工に不備があったなどのケースがります。これらは、外壁塗装が行われる前に業者と綿密に打ち合わせを行い準備しておけば回避できる可能性が高いものばかりです。色のイメージが違うトラブルの回避方法は、業者に見積もりをしてもらうときにサンプルで確認しておくことです。業者を選定し見積もりを受けるときに同時に、サンプルの実物を提供してもらい、実際に外壁の側で日に当てたり日陰の部分で色味を確認しましょう。パソコンのデータで見るのではなく、実物をもらって確認することが大切です。このときのサンプルはなるべく大きいものを作成してもらうといいでしょう。小さいものだと色は濃く暗い色に見えてしまい、逆に大きいものは色が薄く明るく目に映りがちです。大きいもの方が実際に外壁塗装した場合に近い色味を掴めます。追加料金の発生を防ぐ方法は、見積もりときに細かく内容を尋ねて細かな部分まで記載してもらうことです。どの場所を塗装して、どの場所は塗装しないのか、工事などは必要はないのかとこちらからしっかりと説明を求めるようにしましょう。そして、この見積もりから細かな内容が取り決められている外壁塗装の契約書を作成してもらって契約を結びます。さらに、何社かに見積りをしてもらうことで費用の比較もできるようになります。施工の不備については、工事保証を付けている業者を選ぶとトラブルはかなりの確率で避けられるでしょう。工事保証は、施工にミスがあったときは無償でその部分のやり直しをしてくれるというものです。業者を選ぶときはこの点も確認するようにしましょう。