雨漏りの場所を特定

エクステリア

必ずしも見えるところばかりではない。

家の経年劣化とともに各部に雨漏りが発生するようになります。初期の段階ならば、軽い修復で対処可能です。しかし、どこから雨が侵入してくるのかの特定は難しいのが現実です。たいていは、屋根から雨が侵入して、屋根伝いに雨漏りを起こすパターンが殆どです。 この雨漏りが目に見える場所に起きてくれればまだマシです。場合によっては、壁の間にポツンポツンと雨漏りし続けて、内部から腐らせてしまうこともあります。こうなってしまうと、大規模なリフォーム工事が必要になります。腐った木材は取り除くしかありませんから。また、腐った木材は害虫が好むのも厄介です。 雨漏り場所の特定が難しいようなら玩具の聴診器を壁に当ててみてください。あれは玩具ですが結構便利に使えます。ポツンポツンという音の発生場所を特定できます。

雨の侵入ルートを特定する。

台風シーズンなど、強風を伴う大雨の時にだけ雨漏りが発生する場合があります。それ以外の普通の降雨では何も起きなくても、こんな時にだけ起きる雨漏り。こんなときは、雨漏りの発生源を特定できるチャンスとして利用できます。 普通の降雨は上から雨滴が落ちてきます。しかし、強風を伴う雨は、横から降り注ぎます。それで、壁に開いているヒビなどにもろに雨滴がかかり、雨漏りが発生するのです。 このような条件の時にだけ雨漏りする場合は、垂直壁面のヒビ割れや防水パテの剥がれをチェックしてみてください。きっと、雨の侵入ルートと思われる部分を発見できるはずです。 台風はピンチですが、同時に雨の侵入ルートの特定のチャンスでもあるのです。