種類と特徴

カップル

マイホームを建てたら、常に綺麗な状態で維持したいと誰もが思うものです。
家の中は、こまめに掃除をすることで、綺麗な状態を保つことができます。家の中は、比較的掃除しやすいですが、外壁はなかなか手入れをすることはできません。
そこで、活用したいのが外壁塗装です。
外壁塗装を行うことで、美観が保てるだけではなく風や雨から外壁を守ってくれるのです。
外壁塗装も新築時には行われていますが、時間が経つと、劣化してくるので、定期的に行うことが大切なのです。

外壁塗装で使用される塗料は大きく分けて、4種類あります。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素です。
種類によって、塗料の主成分が異なるので、特徴、塗り替え時期なども異なります。
4種類の中で、一番安いのがアクリルです。コストを抑えることができるので、新築ではアクリルの外壁塗装が使われることが多いです。
安いというメリットはあるのですが、汚れやすかったり、クラックが生じやすかったり、などの注意点があります。
そのアクリルの注意点を、補うために作られた塗料が、ウレタンです。
ウレタンは、アクリルよりも塗膜が柔らかい仕上がりになるので、下地の動きに柔軟に対応することができます。
コストパフォーマンスも良いです。

コストや性能が、ウレタンとあまり変わらない塗料が、シリコンです。価格性能は基本的に変わらないのですが、ウレタンよりも汚れにくいです。
フッ素は他の種類より優れた特性を持っているので、屋根材の塗料としても使われることがあります。
ウレタンやシリコンなどで外壁の耐久性を上げることはできますが、予算に余裕があるならフッ素を使用した方が良いでしょう。
塗料の中で一番費用がかかるのですが、その分塗膜の性能も一番良いです。