フッ素塗料の特徴

外観

効果や価格を確認

沖縄の一戸建て住宅は、外壁塗装によるメンテナンスが欠かせません。なぜらな、沖縄の家はRC造住宅が一般的だからです。鉄筋コンクリート製のRC造住宅は、経年劣化によってカビが生えたりクラックと言われるひび割れが入る、塗装が剥げるなどの症状が起こります。このような状態を放置してしまうと、外壁だけでなく室内も劣化が進むので注意が必要です。特に沖縄は太陽の光や雨といった、自然のダメージが大きい事もあり外壁は傷みやすいと言われています。ですが、外壁塗装を行う事によって劣化しやすい沖縄の家も、耐候性や防水性、防カビ性などを高められます。沖縄で外壁塗装を行う場合、フッ素塗料による施工がおすすめです。フッ素塗料は比較的新しい塗料で、価格は決して安くはないものの機能性に優れており、またメンテナンス回数が少なくて済むという特徴を持っています。フッ素塗料は外壁への密着性が高いため、紫外線や雨などによるダメージを防ぐ働きに優れています。紫外線・雨が共に強い沖縄の外壁塗装に、フッ素塗料は向いていると言えるでしょう。フッ素塗料で施工を行った場合、1平方メートル当たりにつき塗料の相場は約4500円から5000円程度が相場です。この塗料の費用に足場代などをプラスした代金が、フッ素塗料による外壁塗装には必要です。フッ素塗料は約15年から20年程度、塗料で作られた塗膜の効果がキープされます。ですので、1回施工を行った後は15年から20年のスパンで、施工を行う事を目安としましょう。