外壁トラブルを回避

家の模型と塗料

慎重で丁寧な作業

埼玉は、四季による気温と湿度の変化がはっきりとしている地域です。具体的には埼玉では、夏には温度と湿度とが日本の平均を上回るほど高くなりますし、逆に冬には寒さが厳しくなる上に、乾燥しがちになります。そのため埼玉では、気候による外壁のトラブルがしばしば発生しています。熱と湿気とでカビが生えたり、冷気と乾燥とで収縮して、接合部に隙間が生じたりするのです。こういったトラブルを回避するために、埼玉では特に慎重に外壁塗装が行われています。たとえば外壁塗装前には、殺菌消毒作用のある薬剤で、外壁が隅々まで丁寧に洗い流されます。表面に付着している砂埃などはもちろん、カビも根こそぎ除去されるので、これにより外壁は限りなくクリーンになります。さらに収縮による隙間は、シリコンで全て埋められます。錆や古い塗膜も取り除かれるため、外壁は凹凸のほとんどない平らな状態になるのです。その上で業者は、専用のローラーやスプレーなどを使って、塗料を塗っていきます。汚れが付着していない上に平らなのですから、ムラのないきれいな仕上がりになります。しかも外壁塗装では、下塗りと中塗りと上塗りの3段階に分けて塗料が塗られます。これにより外壁との密着性の高い、頑丈な塗膜が完成するのです。また埼玉の外壁塗装では、遮熱効果のある塗料もよく使われています。そのため外壁塗装後は、外壁のトラブルが起こりにくくなるだけでなく、室温が気温の影響を受けにくくなります。つまり夏も冬も過ごしやすくなるということですから、その点からも埼玉の外壁塗装は評価されています。